皆さまこんばんは


不要なキャラを脱退させようとして


ギルドポイント100万以上稼いだ自らを脱退させてしまった事が2回あるマツリルカです


前回のさちか氏の記事にもあったように


スナイパーがサイレント修正(改悪?)されていました。


ドラネスの話、終わり


本題



前回、下半身不随の重傷を負っている女子高生に


無理矢理な勝負をけしかけた森田刑事


実は前回の記事


実際の第二話の途中で終わっていました。
さてその続きは・・・



病院の中庭にて対峙する主人公キララとヒロインの奈美

kirara12



下半身が使えなくても上半身だけでジャストミートさせると豪語します


kirara133




石川五エ門か



kirara155



しかしキララの豪速球は、奈美の考えていた以上に球威もある上に



kirara156

下半身が使えないためにスイングにずれが生じ、スウィートスポット(ボールを打ち返すのに一番いい場所!)

にジャストミートさせられません。そうすると奈美の腕の骨は粉々に砕けてしまう恐れが!


kirara157
止めに入る森田刑事



勝負を煽っておいて何を言っているのでしょうか



あなたの番ですの原田知世みたいな髪を振り乱すお母さんの心配をよそに

kirara158


勝手に勝負に盛り上がっていく二人


kirara160




キララが最後の一球を投げ込みます


kirara159


変な方向の覚悟を持ってキララの豪速球に挑む奈美


キララの球は微妙に変化しながら
kirara161



ラケットのど真ん中を打ち抜きます


kirara162



森田刑事は奈美の勝ちだと思っているようですが


kirara163



どうやらスイングのずれを計算してキララが投げていたのです



kirara164


テニスへの夢を諦めるな!というメッセージとともに


kirara165


そしてキララは一人歩き出します



kirara166



ようやく第二話 完



っていうかそんなコントロールあるなら


試合の際に内野ゴロ打たせておけばそれこそ試合が早く終わって


銃撃されることは無かったと思うんですけど



次は兄者です