DragonNest †Kagrra†

カテゴリ: マツリ氏


皆さまこんばんは


不要なキャラを脱退させようとして


ギルドポイント100万以上稼いだ自らを脱退させてしまった事が2回あるマツリルカです


前回のさちか氏の記事にもあったように


スナイパーがサイレント修正(改悪?)されていました。


ドラネスの話、終わり


本題



前回、下半身不随の重傷を負っている女子高生に


無理矢理な勝負をけしかけた森田刑事


実は前回の記事


実際の第二話の途中で終わっていました。
さてその続きは・・・



病院の中庭にて対峙する主人公キララとヒロインの奈美

kirara12



下半身が使えなくても上半身だけでジャストミートさせると豪語します


kirara133




石川五エ門か



kirara155



しかしキララの豪速球は、奈美の考えていた以上に球威もある上に



kirara156

下半身が使えないためにスイングにずれが生じ、スウィートスポット(ボールを打ち返すのに一番いい場所!)

にジャストミートさせられません。そうすると奈美の腕の骨は粉々に砕けてしまう恐れが!


kirara157
止めに入る森田刑事



勝負を煽っておいて何を言っているのでしょうか



あなたの番ですの原田知世みたいな髪を振り乱すお母さんの心配をよそに

kirara158


勝手に勝負に盛り上がっていく二人


kirara160




キララが最後の一球を投げ込みます


kirara159


変な方向の覚悟を持ってキララの豪速球に挑む奈美


キララの球は微妙に変化しながら
kirara161



ラケットのど真ん中を打ち抜きます


kirara162



森田刑事は奈美の勝ちだと思っているようですが


kirara163



どうやらスイングのずれを計算してキララが投げていたのです



kirara164


テニスへの夢を諦めるな!というメッセージとともに


kirara165


そしてキララは一人歩き出します



kirara166



ようやく第二話 完



っていうかそんなコントロールあるなら


試合の際に内野ゴロ打たせておけばそれこそ試合が早く終わって


銃撃されることは無かったと思うんですけど



次は兄者です 


みなさまこんばんは

 ラーメンを食べている目の前で店主に「今日のスープはダメだな」と言われたマツリルカです



ドラゴンネストの話

火属性

以上


本題



主人公とヒロインがともに銃撃されるという結末で終わった第一話


果たして第二話は・・・


きらら010904-1







森田刑事が二人の担ぎ込まれた病室でイライラしなが待っています


オペが終わって先生が言うには


奈美(ヒロイン)=弾丸が脊髄を貫通していて車椅子生活
キララ     =心臓の物凄く近くに弾丸があり、取ろうとすると心臓が止まってしまう


という状態だそうです

ついでに


きらら010904-2














拳銃が粗悪品だったようで


kirara6










との事です。


一方、ヒロインの奈美は下半身不随で相当なショックを受けながらも

それでもテニスを諦めず必死にリハビリに励んでいます。

奈美はテニスの天才プレイヤーと呼ばれていました。

病室に訪れたキララに対し、その怒りをぶつけます。しかしその怒りは・・・

きらら010904-3














あらぬ方向へ飛んでいきます。



「あなたの投げるボールなんか、足が動かなくっても私なら打ち返せるわ!」



どうやら試合の最後の打者に対して真剣にやっていれば、犯人に襲われる前に試合が終わってこんな目にあうことはなかった、そしてその態度が中途半端で天才投手と呼ばれるのが許せない



という理由で戦いを挑みます



上着や後述するフェンスを貫通するボールを投げるキララに対して、この挑戦は完全に自殺行為です



「わかった」


と挑戦を受けるキララ


奈美のお母さんも「二人とも馬鹿な事言わないでちょうだい!」と止めに入ります。


当然ですね。しかし・・・・


キララ010904-4














森田・・・


次回へ続く


次は兄者です



皆さまこんにちは

ラーメンは塩派のマツリルカです


訳あって休止せざるを得なかったブログですが、最近復活させることになりました。


改めてよろしくお願いします。


自己紹介

メイン:スナイパー


以上です。



本題



かつて伝説の野球漫画「キララ」という作品をレビューしていました。

尻切れで終わったのでリスタートしたいと思います。



きらら12



さてこのお話、超天才投手の生沢輝良々(いくさわきらら)が甲子園を目指していくというのですが

きらら11


冒頭から銀行強盗が球場に乗り込んできます。

完全試合を逃すが、後一球で勝負が決まる場面。

ラスト一球を投じようとするキララですが


きらら13


発砲。



そこでその後も何度も登場する森田刑事が颯爽と止めに入ります。


画像を貼付ける
きらら14


モデルは西部警察の大門でしょうか。

ちなみにこの人、この後もたらふく出てきます。


さらにキララの恋人である奈美を人質にとる犯人。

きらら2


騒ぎの中キララが飛び出し、犯人めがけて自慢の豪速球を投げつけます。
どのくらい剛速球かというと

きらら4

上着を突き破るくらい



この隙に奈美を救い出そうとしますが・・・


きらら5


銃撃されてしまいました。


第一話 完


次は 新加入のがじゅくんです。


このページのトップヘ